ケータイ小説 野いちご

逢いたい…。【実話】

‡一章‡
夜明け

「もー私帰る!!」


雪が立ち上がる。


【??雪?え!!

どうしたの?】



夢から覚めた。


外が少し明るくなって

いた!!


【あっ!時間!!】


もう4時を過ぎていた。



《あ・・あたしも

帰らなきゃ!!》



TUNから離れる。



『そうか……

仕事だもんな!!』


TUNが手帳を出した。


名刺と一緒に一枚の紙を

くれた。



自宅の住所と電話番号

そして携帯番号が書かれ

ていた。



『これで

俺とTABASAは

繋がるから!』



【キュン…】



涙が出た…


どうしてかわからないけ

ど涙が溢れ出した―――






< 24/ 410 >