ケータイ小説 野いちご

僕は君の罪になりたい

キスの隙間から漏れた声

「みーちゃん、海は湘南と茅ヶ崎ならどっちがいい?…それともグアムとか行っちゃう?」


「…あのさぁ」




部屋に散らかる旅行雑誌。



それを嬉しそうに眺めている成宮くん。





「なぁに?」


「…確かに休みの日に会いに来てもいいよとは言ったけど、毎日来いとは頼んでないんだけど」




夏休みが始まって早一週間。



仕事がある日もない日も構わず家にやって来る成宮くん。




あぁ…

会いに来ていいなんて言うんじゃなかった。





「お疲れなみーちゃんの為に家事してあげたいんだよ」


「家事くらい自分で出来るわ」


「えー洗濯物は山になってるし、使った皿はシンクに置きっぱなしなのに?」




いいのよ、一人暮らしなんだから溜まったら片付けるで。




毎日やってたら、電気代も水道代も勿体ないもの。






「しっかし、みーちゃんのパンツは色気もクソもねぇな。今時こんなの高校生でも履かないよ」


「うるさいなぁ。誰に見せるでもないからいいの……って!!パンツ、被らないでよ!!」




成宮くんの頭に乗った下着を取り上げ、遠くに投げた。




今時、下着泥棒でもそんな事しないわよ。



まったく…。

< 66/ 76 >