ケータイ小説 野いちご

僕は君の罪になりたい

やきもち…?

「みーちゃん、おはよー」



いつものように、傍らに女の子をはびこらせて廊下にいる成宮くん。





「理人、桐谷先生の事みーちゃんって呼んでるの?」

「まぁね。愛してる子に愛称付けるのは当然でしょ」

「あはは!何言ってんのよ。理人可愛い〜」




なによ、肩なんか組んじゃって。


私のこと好き好き言いながら、他の女の子達とイチャイチャしてんだもんな。



これだから男は信用ならない。





「今日はみーちゃんの授業ないからつまんないなぁ〜」




よく言うよ。


今も十分楽しそうに見えるけど?





どこから込み上げてくるのか

イライラする気持ちを抑えながら職員室へ向かった。

< 34/ 76 >