ケータイ小説 野いちご

僕は君の罪になりたい

子供だと侮っていた

「Love can change the world.It tell me my dearest.for Luv=Endroll.」



静かな英語の授業中。


教科書を読みながら、教室を歩き回っていた。





「今の例文を、矢野くん訳してみて」


「はい。…“愛は世界を変えてくれます。それを教えてくれたのは私の最愛の人です。これはラヴ=エンドロール氏の言葉です”」


「はい、完璧です。ありがとう」




難なく進む授業。


こうしてると、教師になったんだなぁ〜と実感する。




「みーちゃんのミニスカ姿、めっちゃそそられる」



窓際の1番後ろの席の横を通り過ぎると、その席に座っている成宮くんがこちらを見つめていた。





「…あのねぇ」


「パンツは何色?」




教科書でパンッと頭を叩いて、授業に戻る。




「つれないみーちゃんも可愛いね」



成宮くんの言葉にクスクスと笑う生徒達。




授業に出てくれるようになったけど、成宮くんはずっとこんな調子。




いいんだか悪いんだか。





―キーンコーンカーンコーン…―




「はい、じゃあ今日はここまで。もうすぐ期末テストだから復習をしとくように」




私が教科書とチョークケースを持って教室から出ると同時に

他のクラスの女の子数人が入ってきた。





「理人〜♪」



わらわらと成宮くんに群がる女の子達。

< 10/ 76 >