ケータイ小説 野いちご

雨の中で君を待つ。〜詩集〜

ヒトリデ。




僕の口癖は
「独りが好きなんだ」。


ずっとそう思ってた。


自分は独りが大好きで
好きだからこそ、独りでいる。


そう思ってた。
思ってたのに……。


ある日、急に寂しくなって
苦しくなって、死にたくなった。

独りでいるのが辛くなって、
消えたくなった。



僕は、きっと
意地を張っていたんだ。

「独りでいるのが好き」なんて
言い訳でしかなかったんだ。


結局、一番独りが嫌いなのは
僕なのかもしれない。


臆病で、傷つきたくなくて。
でも、独りが怖くて。


自分が嫌いでしょうがない。

嫌い、嫌い、嫌い。


虚しく永遠に苦しむのかい。
ヒトリデ?

あぁ、馬鹿だ、馬鹿だ。



< 4/ 12 >