ケータイ小説 野いちご

雨の中で君を待つ。〜詩集〜

曖昧White





君は想像出来る?



箱に並べられて、
窮屈な中で身動きも出来ず、
逃げ出したい僕の気持ちを。


絵の具の僕の気持ちを
知ったところで、
得する事は何1つないだろう。


けれど、聞いて欲しいんだ。


僕は、真っ白な体、色をしているのに
心はこんなに真っ黒だ。


大抵の人間は、僕を色々な色と混ぜる。

僕は、僕でありたいのに。


混ぜられる理由は1つ。
僕がとても曖昧な色だからだ。


何の色にもなれるし、
僕によって新しい色が生まれる。

どちらにしても
僕は僕として必要とされる事が
少ないのだ。


なのに、僕は1番最初と言っていい程
早くなくなって捨てられる。



あまりに寂しい僕の運命。



< 2/ 12 >