ケータイ小説 野いちご

完◆ ぐだぐだ

2 愛し方は未知数


「信じられないよ」
「ちょっと分からない」

彼女は女友達から引かれているらしい。


「お前凄いよ」
「逆に尊敬するわ」

彼氏は男友達から一目置かれているらしい。


仲の良い友達から不思議がられる高校二年生の恋人がいた。

彼氏の名前は泰則ヤスノリ。
彼女の名前は明菜アキナ。


付き合って一年記念日。

泰則はかっこよくてセンスが良く、明菜は可愛くてオシャレで、

二人はお似合いだとよく言われる。



ちょうど冬休みということもあり、

またインターネットで予約すれば半額だったということもあり、

二人は温泉旅行に来ていた。




< 16/ 220 >