ケータイ小説 野いちご

blue lace flower

無言の愛
わからない感情



「……千亜」

「……」

「気にするな」


将平はいつも通り優しくそういう。


いつも、慰めてくれるのは将平。

でも、今は……。


「将平、教えて。どう思ってる?何を思ってる?どうしたい?どうなりたい?お願い……教えて……」


今まで、こういわれるまで、こんな風に聞くことはなかったと思う。


「将平は、あたしから離れたいって思う?誰かと一緒に……幸せになりたいって……」


将平がいなくなったら、あたしの存在価値は一体何なんだろう?

そう思ってしまうほど、あたしはずっと将平と一緒にいた。

ずっとずっと大切な人だった。

< 20/ 30 >