ケータイ小説 野いちご



その日の昼休み。


みくが委員会で教室にいなかったので、ゆかと二人でいろいろな話をしながらゆったり過ごしていた。

< 4/ 7 >