ケータイ小説 野いちご

地味子の秘密*番外編*

◆あの頃の約束〜渉〜
├中編


「会長~~! 今日も勉強教えて下さい!」


ニコニコと笑って、今日も昼休みに、俺の席に来る女の子。


「渉はいいなぁ~梨香ちゃんという彼女が毎日来てくれて」

「よせよ……そんなんじゃねーんだから」


周りからの冷やかしを受けつつ、彼女の方を見る。


「今日は何の教科?」

「古典です!」


嬉しそうに答えると、近くの机をくっつけて教科書を広げた。


「どこ?」

「ここです。訳し方がイマイチわからなくて……」

「あー……ここな。えっと……」


彼女のペンケースからシャーペンを取り出して、説明を始める。


うんうんと頷きながら聞く彼女は、河西梨香(かさいりか)。

学園の1年。

柏木達の話では、今年入学した1年の中でNo.1の美少女と言われている女の子らしい。

ピンクブラウンのサラサラとした髪。

小顔で、大きな目。

ふっくらとした唇は、潤ってて男を誘うそうだ。


彼女には失礼だが、樹里の方が上だと思う。

つーか、俺は人外のモノが見れる人間。

テレビに出てる芸能人よりキレイなモノも見てきたから、特に河西がカワイイとは思えない。



1週間前、この教室でいきなり告白されて戸惑った。

今の俺には、恋とかは考えられなくて……断ろうとした。

しかし彼女が、「私のことを知って下さい。それから答えはもらいたいんです」と言い、この1週間は毎日教室に来るようになっている。

勉強を教えてくれと言ってくるが、説明を始めるとまじめに聞くので、「まーいいか」と考えているんだ。




< 54/ 381 >