ケータイ小説 野いちご

君に堕ちてしまう。

・・・あたし・・・
Chapter 3


…とりあえず帰って来たけど。
はいりたくない…
頑張れ自分。


玄関のドアを開けると、見慣れない男の靴。
ああ、またか。また新しいの連れてきたのか。
って事はまたヤってんのかな…
嫌だな。あの気持ち悪い声聞きたくない。

「…ただいま」
お母さんに聞こえないように小さな声で言った。

どうか
お母さんの部屋の扉、閉まってますように。

あたしの部屋,お母さんの部屋のおくにあるんだわ。
だから通らないと行けんのじゃ。

< 27/ 42 >