ケータイ小説 野いちご

◆兄貴の彼女◆

【10章】合コン




気まずい雰囲気のまま学校が終わった。

藤沢とも美佳とも、一言も話していない。


ハァ、帰ろう。



「夕斗ー!」

クラスのやつに呼ばれて、俺は立ち止まる。


「何?」


「なんだよ暗いな!……フフフ、今日こそは付き合ってもらうぜ!合同コンパという名の、パラダイスへ!」



ああ、合コンの誘いか。



「……別に、いいけど」


「なんだよー。またお断りかよー……ん?はぁ?!何お前、熱あんの?!」


「はぁ?誘っておいてなんだよ。なら、行かない」


「あー!ウソウソ!冗談!お願いします。夕斗様~!」



ふざけて言うコイツになんだか笑えてきた。

俺はたぶんモヤモヤした気持ちが嫌だった。

こんな風にたまには友達とワイワイするものいいかなって。

気持ちも晴れるかなって……そう思ったんだ。




「なら、さっそく出発!合コンというなのパラダイスへ!」


「バカかお前は」



気持ち、晴れる……よな。








< 73/ 86 >