ケータイ小説 野いちご

◆兄貴の彼女◆

【8章】俺と藤沢の関係




あの日から、半年がたつ。

今は学校の帰り、河川敷を歩く。

そして、寒くなり始めた秋空の下、美佳が俺に言い寄る。


「は?旅行だ?夏休みじゃないんだし」


「……藤沢さんと買い物には行くくせに」


「買い物なら、いくらでも付き合ってやるよ。だいたい、俺と藤沢は別にお前が思っているような関係じゃないし」


「半年前、告白したんでしょ?」


「あれは告白じゃない。また隼人が変なこと言ったんだな?」


「隼人は関係ない!今は、夕斗に聞いてるの!」



ハァ。

最近、溜息ばかりだ。


俺はこの半年間、藤沢と結構過ごした。

一緒に買い物や映画、兄貴の話とかで公園でほとんど毎日盛り上がったり。

夏休みは、藤沢から勉強教わったり。

けど藤沢は、俺の知らないところでたまに泣いていたりしてるみたいだった。

これは、隼人いわく。

買い物帰りに公園で1人でいるのをよく見かけてたみたい。

あまり、頼られてない?俺。


けど、最近周りからよく言われるのは、「お前ら付き合ってるの?」だ。

美佳や隼人も言うけど、「お前ら普通のカップルみたいだぞ」って。


けど、俺と藤沢の関係は半年前と変わらずで、親友?のまま。

きっと、藤沢はそう思っている。


俺と藤沢の関係は、きっと誰も理解出来ない。


美佳は相変わらず俺と藤沢に嫉妬。

隼人は相変わらずドSっぷりで、半ばおちょくっている。

肝心な俺は、真剣に悩んでるってーのに。

だって俺、確実にこの半年で。


親友<好きな奴


になっているから。

別に否定はしない。

だって、本当の事だから。


けど、たまに2人で兄貴の墓に手を合わせに行った時だけ。


好きな奴<兄貴の彼女


ってなる。


俺は出来れば……この一線を越えたいって思ってる。

ダメだなー俺。

そうなれば、俺が藤沢としてきた事、下心アリアリじゃねーかよ。


けど兄貴。

想いは伝えられなくても、このまま藤沢を好きでいること許してくれるかな?











< 65/ 86 >