ケータイ小説 野いちご

◆兄貴の彼女◆

【7章】真実と後悔、そして決意




「ただいま」


家はやけに静かで、出て来たのは隼人だった。


「おかえり」

「何?隼人一人?」

「母さん、さっき戻ってきてパリに行った。父さんと」

「パリ?」


うちの両親は結構出張が多い。

母さんはもともと忙しいからなかなか家に帰ってこないけど。


「教育研修プロジェクトの一環だとさ」

「へぇ、戻りは?」

「1ヶ月くらいとか言ってた」


それまで隼人と2人か。

兄貴が居たらな。3人だったのに。

ふと兄貴の事を考えると、その次に浮かんでくるのは藤沢。

俺、結構やばいかも。


「何?……美佳となんかあったのか?」

「は?」


隼人は鋭い。








< 53/ 86 >