ケータイ小説 野いちご

◆兄貴の彼女◆

【2章】墓の前の彼女





<南第二高校>



「おい夕斗ー!」


「あ?」


あー、めんどくせぇ。
ったく。
俺は、溜息をつき立ち止る。


「な、今日こそは!頼むよ!」


俺の前に来て、俺に拝むかのように両手を顔の前で合わせるクラスの友達。


「パス」



クラスの奴に片手を挙げて「じゃーな」って教室を出る。



「待てって!なんだよお前……あー!」


「なんだよ」


「女だな?…女ができたんだな!」


何でそうなるんだよ。


「……じゃーな」




アホらしい……興味ないだけだってーの。





毎日のように誘われる合コン。

正直言って、興味なし。

別に彼女がいるわけでもないけど。





< 10/ 86 >