ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

繋がれたリビドー【BL】

魔性の片鱗

舞踏会の一件で、ビキは隻眼の美少女として、城内でも囃し立てられた。

専らオリエッタの下女達の、である。


「……随分、気に入られたようだな。」

女物の下着を部屋に放られることも屡々で、それをビキの扉の格子窓から覗き下男達は楽しんだ。


「……。」

猿轡を噛まされ、足を繋がれ、無抵抗な捕虜を見せ物として下働きの者を優越感に浸らせるのだ。
暗殺者として使われるよりは、楽な生活である。


「…仕事だ。」

臣下は皮肉りながら、鍵を開く。

< 17/ 20 >