ケータイ小説 野いちご

好きだと言えなくて。

す なおになれなくて。



「彩姫はさ、好きな人、いないの?」


「はっ!?」



なんだかよくわからないけれど、自習になった政経の時間。


聞くところによると、誰かが問題を起こした、とか。


まぁ関係ないんだけど。


みんなで机くっつけて、そのうえに広げたお菓子を囲んでお喋りに没頭している中。


あたし、三浦彩姫(ミウラ サキ)は、一世一代のピンチに陥っていました。



「彩姫綺麗だもんねー?
まぁ確かに金髪ビミョーだな、と思ったことはあるけど」


「でも毎日見てると案外似合ってるような気もするよねー」


「彩姫顔立ちハデなんだからメイクもーちょいマシにすれば金髪似合うんじゃない?」


「で、結局彩姫好きな人いんの?いないの?」



なんか散々な言われような上に、それたと思った話もそれてないし…。


あたし、なんか可哀想な。



「ねぇ、彩姫」



詰め寄る友達から目をそらし、隣の礼をチラッと見ると、にんまり、と効果音が付きそうなくらいの笑顔を見せた。



< 1/ 20 >