ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

狼彼氏×天然彼女

5・寮生活START☆
7・涙に嫉妬








バタン─


実紅は泣きながら出て行った。


キスはまずかったかな…。


涙流してたし…。




するとテーブルには実紅が置いていったのだろう…

上着が置いてあった。



「あいつ…なに忘れてんだよ」



返しに行かなきゃダメじゃん。

どーしよ…。



っつーか…ぜってぇ避けられるよな。


無理矢理キスしちゃったし…。


泣かせちゃったし…。




マジどーしよ…。


泣かなくたっていいのによ…。



でもやっぱ、やばっかたな…。









.

< 62/ 404 >