ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

狼彼氏×天然彼女

PART★01
4・特別寮








◇◆◇◆舜◇◆◇◆


はぁ…

なんでよりによって席が一番前なんだよ。


雨宮なんて名字になるんじゃなかったよ…。




すると男二人組が近付いてきた。


「…よ!イケメン君」

「一緒のクラスだったな!」



…ん?


この声聞き覚えあるんだけど。



ふと顔を見ると…


「…あ、体育館の」



あの前に座っていたイケメン二人組だった。



「覚えててくれてたんだぁ!マジ感激かも!!」

「あんなこと喋ってたら普通誰でも覚えてると想うけど?」


「そりゃあそうだな。あ、俺らが話してた話題聞こえた?」



結構声デカかったからな。


聞きたくなかったけど聞こえた。


無理矢理聞こえた。



「わりぃな」


「…いや、べつに」


「つーか舜さー…クールすぎ!」



これが普通なんだけど。


「…ま、それでもモテるからな」


「あぁ」


「あぁって…自慢かよ…」


「本当のことだし?」



だって俺モテる。


今日だって放課後呼び出されたしね。



断ったけど。








.

< 28/ 404 >