ケータイ小説 野いちご

霊感少女

久しぶりの出会い




あれから1ヶ月




「すみません
闇中霊さんを読んでもらえませんか?」




「通行許可書はあるのかい?」


俺は、気まぐれに
闇中霊に会いたくなった


「通行許可書?
持ってないんですけど」


「ダメダメ
普通の警官でも入れない所に
通行許可書を持ってない人を
通せないよ」




「え~~
そんな~」


「帰った、帰った!!」


霊の奴、通行許可書なんて、一言も言ってないぞ



「どうしたんだ?」


「永海さま!!
それが闇中霊様に会いたいと
少年が」


俺ぐらいの歳で
警官が頭が上がらないって
凄いなこの少年



「君、名前は?」




< 1/ 24 >