ケータイ小説 野いちご

Garden3

プレゼント


「はぃ、これ」

手渡されたものは、タバコよりも、少し大きいサイズの箱。

分かりやすく、正面にぺっとコンビニのテープが貼ってある。


…なに、これ?


半ば言葉を失った俺に、彼女は驚いた顔で言う。


「見たことぐらいあるでしょう?」


これが何かってことぐらいは見りゃ分かるっつーの。

俺が言いたいのは、これを俺にどうしろってことなんだけど…


さすがに、説明が足りないと思ったのか、彼女はにこやかに言った。


「あなたも15才になったことだし。誕生日プレゼントよ」


…それがこれかよ?


俺の視線に気付いているのに、あっさりとそれをシカトして。

笑顔のまま彼女は続ける。


「必要になるでしょう?」


はは、ありがとう。

…とでも言うと思ったのかよ!

どこの世界に、息子の誕生日にコンビニでコンドームを買ってプレゼントする母親がいんだよっっ!!


「いるじゃない、ここに」


しゃあしゃあとそう言ってのける母親に、怒る力も抜けていく。


…分かったよ、もうどうでもいいよ。


しっぽを垂れて、部屋に戻ろうとする俺を、珍しく強い口調で母親が引き止めた。


「どうでもよくないわよ」

< 7/ 14 >