ケータイ小説 野いちご

Garden3

とかげのしっぽ


神様って、いると思う?


俺に、そう聞く人間には、必ずこう答えた。


「いるって信じてる人間の心のなかになら」



でもさ、考えてもみろよ。

一体どんだけの人間が、本気で信じてるよ?

それはつまり、いないと思うに同義。


別に、目に見えるものしか信じないなんて、俺は言わんよ。

でも、俺は神様は信じてないんだ。



その存在が、人間には必要なものだから、仕方ないんだよ。

いつも、なんか大事なことを忘れて生きてる気がするからなんだよ。


なんのために生きてるかってさ、そいつが欠けてるからさ、

人間ってやつは不自由なんだよ。


理由があれば何でもいいのさ。



俺たちには、なんだってできるよ。

生きることも死ぬことも、選べるんだよ。

産むことも、殺すことも、選べるんだよ。



だから怖いんだ。

不安なんだよ。

それが、正しい道なのか、何かに辿り着くのか。

道しるべが欲しいんだよ。


だから、神様を作り出したんだろ?

人間の求める理想、心の安定。

誰かに、何かに、許されていたいんだよ。


その道でいい、生きてていい、忘れてていい。

信じてなくてもいい。



ただ、幸せになることを。

笑って暮らすことを。

無条件に誰かが願ってくれることを、求めてんだろ。

< 13/ 14 >