ケータイ小説 野いちご

あたしはまだまだガキだから

あたしたちの関係





(ちゅんちゅん・・・)



あたしは今、夢の中。


たっちゃんと手を繋いで
歩いてる・・・


たっちゃんと顔を見合わせて

にこって笑い合う。



そして、たっちゃんが
足を止める。




ドキドキ・・・ドキドキ。




たっちゃんの顔が
少しずつ近づいてくる・・・


トクン・・・トクン・・・。



あたしの心臓は
破裂寸前。


目の前にはたっちゃんの顔。

ぴんく色に染まる
あたしのほっぺ。



たっちゃん、

たっちゃん、

たっちゃん!


早く・・・




あたしに・・・






「キスしてーーーっ!」




「うっせーな、何だよ!?」




< 1/ 3 >