ケータイ小説 野いちご

silly talk

なんてことはない
クレーム

堅は一睡もしないまま、身支度を整えると、仕事に向かった。




会社につくと、何やら慌ただしかった。




「何かあったん?」
堅はすぐに後輩に尋ねた。



「先方が契約違反をしているのが発覚したんですよ」

< 68/ 95 >