ケータイ小説 野いちご

いちごの恋~恋した相手は先生~

第7章【通う心】


目覚めは最悪で、目覚まし時計を無意識に何度も消していた。


夢には、新羅と新垣先生が出てきたような気がする。


あたたかいふとんの中で、気合を入れた。



ぶつかる勇気をもう一度。

私は、ふとんの中で大きく深呼吸をし、勢い良く飛び起きた。



引退まであと1か月。

気持ちよく引退する為にも、部内の雰囲気を壊したままではいられない。


推薦での進学が決まっていた為、私はクラスの他のみんなより長く部活を続けることができた。

でも、あと1か月で…

私は新垣先生の陸上部からさよなら。

そして、新羅ともさよなら。




そんなの絶対にいや。




< 71/ 93 >