ケータイ小説 野いちご

いちごの恋~恋した相手は先生~

第6章【もつれた糸】

私と新羅と新垣先生の3人を繋いでいた糸がぐちゃぐちゃにからまっていた。


私達は、とても、いい関係だったんだ。


私と新羅を信頼してくれていた新垣先生は、何かあるといつも私と新羅に相談してくれた。

新羅のことは、私に。

私のことは新羅に。


口癖のように先生は言ってた。



『お前ら仲いいなぁ!一緒にいればそれで幸せって顔してるなぁ』




本当にそうだったんだ。


どこに行くにも何をするにも、新羅さえいれば安心できた。


この世に友達が誰もいなくなったとしても、新羅がいれば私は笑っていられると思った。




新羅の天真爛漫な性格と、無邪気な笑顔が大好きで・・・

その笑顔を失うのが怖くて、

嘘をついた。





そして、私は新羅の笑顔だけでなく、新羅の全てを失った。


あの優しい声も、

いつもくっついていた温かい腕も、

涙さえも・・・




どうすれば

許してくれる?



新垣先生との間にできた大きな溝も、きっと今はもっともっと大きい。


しばらく、避けていたせいで、先生も私に声をかける前に少し戸惑った表情になる。




全部失くして気が付いても遅いけど、

人と人って、心から繋がり合いたいなら・・・

本音でぶつからないとだめなんだ。




怖くても、

目をしっかりと開いて、相手の心を見て、

自分の正直な気持ちを伝えないと、心と心は通じない。



結局、私と新羅は心まで繋がっていなかったの?



毎日、こんなことばかり考えている。

解決策も、浮かばない。



ぶつかりたいのに、新羅に会えない日々が続いてる。



< 66/ 93 >