ケータイ小説 野いちご

いちごの恋~恋した相手は先生~

第5章【ちぎれた絆】




小さい頃、海の砂浜でお城を作ったことがあった。



何時間もかけて、やっと出来上がったお城はとてもしっかりとしていて、ちょっと叩いたくらいじゃ壊れない。



何度も水を染み込ませながら、ゆっくりと固めた砂は、さっきまでさらさらの砂だったことを忘れさせてくれる。




でもね…


叩いても壊れないお城も



あっという間に消えちゃうんだ。






波が来ると、一瞬にしてお城は消えてなくなるんだ。





どれだけ時間をかけても


壊れるのは一瞬。








新羅との長い歴史が


今、消えてなくなった。




何年一緒にいたとか、どれだけ助け合ったとか、今さら何を言っても

ちぎれた絆は戻らない。





どれだけ楽しい記憶を思い出しても、それさえ嘘に感じられる。



友情は、儚い。




だからこそ、大事に大事に育て続けなければいけない。




試練を乗り越えるたびに深くなる友情を知っていたのに。


あの試練を、どうして乗り越えなかった?


どうして、あの壁を登らなかった?



私は、違う道を通って、壁を避けて通った。


壁の向こうで待つ新羅は、


どう思っただろう。




< 62/ 93 >