ケータイ小説 野いちご

いちごの恋~恋した相手は先生~

第4章【一歩ずつ】



帰り道、ずっと泣いていた。


後悔なのか

なんなのかわからない。




どの道を選んでいたとして、

こうなっていたような気がして

自分を責めた。



私が悪いんだって…



私が


新羅のように素直じゃないから…



だから、こうなったんだって。




もし、新羅に話していたとしても

私の性格じゃ、一緒に追いかけるなんて無理だった。



きっと

やきもちを焼いて、自分はもう好きじゃないフリをしてしまってた。




新垣先生は


私のこの気持ちをどこまで知っていますか?





全く気付いていないとは思えない。




もし、先生が彼女にこの話をしたとしたら


その彼女は言うよ。



『その子、好きなんじゃない?』ってね。



恋をした人なら


わかってしまう。





急に無視したり


急に泣き出したり


意味不明な私の行動…



これは



恋の迷路に迷い込んだから。



< 48/ 93 >