ケータイ小説 野いちご

いちごの恋~恋した相手は先生~

第3章【自業自得】



新羅と新垣先生をどちらか選べと言われたら、迷うことなく新羅を選ぶ。


だけど、

新垣先生への想いを断ち切ることはあまりにも辛かった。





恋愛経験の少ない私にとって、この難題を乗り越えるには

壁が多すぎる。




誰にも話せない悩み。

いまさら、どうすることもできない。




毎晩、一人で自分の部屋で泣いた。


夏に新垣先生からもらったのど飴の缶の匂いを嗅ぐと

夏の記憶が蘇る。



練習中、せきばかりしていた私に新垣先生はのど飴をくれた。

体育教官室に置いてあった缶のまま、残り少ない飴の音を確かめて、

『すっげー少ないけど、やるよ』

って笑ってくれた。




まだ一つ残るのど飴は

私の気持ちのように

ずっと残ったままだった。





< 31/ 93 >