ケータイ小説 野いちご

チャーリーズエンゼルパイ3 ~東京爆破テロを防げ!~

大きな依頼
潜入捜査

新宿繁華街のとあるキャバクラ…


チャーリーズの3人は、アルカイナのメンバーが目撃されたというこの店に、
『新人キャバ嬢』として潜入していた…


店長
「君達が今日入った3人だね♪…ここでは、過去に退職した女の子の『源氏名』を新しい娘が引き継ぐ決まりなんだ♪この中から好きな名前を選んでよ♪」


てぃーだ
「好きなの選んでって…3つしかないじゃない…」


子豚
「私、ここだけは絶対ゆずれないわ!」


ひろき
「アタシだって!じゃあ~ジャンケンで決めようか♪」


3つの『源氏名』を巡って、各人はそれぞれ譲れない理由があるらしい。


全員
「ジャンケン~ホイ♪」



店長
「さあ♪名前が決まったら、早速お客さんについてくれないかな♪」






てぃーだ
「初めまして♪アタシ『紫織』って言います♪」


ひろき
「アタシは~『彩香』っていうの♪ヨロシクネ♪」



「そう♪カワイイ名前だね♪もう1人の君は何ていうのかな~?」











子豚
「私は………
『よね』って言いますだ…」



「よね・・・・」


店長
「子豚ちゃん…ジャンケンに負けたな…」


< 6/ 33 >