ケータイ小説 野いちご

キミを守リタイ

2nd story
yuri side









「どうぞ、はいって」






久しぶりに見る

生徒や

制服や

先生や

教室






転校生として


あたしはその扉を

開けた。








ガラッ







「女の子だ-」

「ちょっと可愛くね?」







「自己紹介を」





「あ、



 倉川由里です。



 少しの間ですが

 よろしくお願いします。」

< 27/ 108 >