ケータイ小説 野いちご

キミを守リタイ

2nd story
thank you






午前1:00




今日は雨も降っていなく


昨日よりは早い時間


駅前は結構人ごみだった。




由里はきっと、もう

寝ているだろう。


そっと鍵を開けて


中に入った




「ただいま」







明かりがついた

部屋からは

やっぱり応答はなかった。



少しある廊下を歩いて

リビングに向かうと

由里が

ソファーで寝ていた。








「風邪ひくやんけ」







小柄な体を持ち上げて

ベッドに寝かせる。

< 20/ 108 >