ケータイ小説 野いちご

記憶の方程式(2011年10月15日更新)

記憶の方程式

怜人の記憶が戻り、1週間の検査入院も終わった今日。

怜人の退院の日だ。


病院の正面入口で怜人を待っていると、優人くんが大きな鞄を持ってやってきた。



「おはよう、優人くん。それ、怜人の荷物?」

「おはよう、知奈さん。そう、親父と話があるから荷物持って先に帰れって。元気になった途端にパシるんだもんなぁ」

愚痴はこぼしてるけど嬉しそうな顔の優人くん。

なんだかんだ言っても優人くんは怜人が好きなんだな。


「じゃあ知奈さん。俺、先に帰ってるから」

「えっ!一緒に帰ろうよ!」

「久しぶりのデートでしょ?邪魔者は退散します」

邪魔者って、そんな訳ないのに……。


優人くんは爽やかに笑いながらタクシーに乗り込んだ。

< 60/ 65 >