ケータイ小説 野いちご

記憶の方程式(2011年10月15日更新)

冷たい体

怜人の部屋はいつ来ても冷たく感じる。

怜人が記憶を無くす前にくれた合鍵でその部屋に入る。


薄暗い廊下の電気を付けて、一番奥の寝室の扉を開けた。



「・・・怜人?」


怜人は黒の革張りのソファーに身を沈めながら無気力にタバコを吸っていた。



あたしの方に一瞬目を向ける。



「なに?あんた、また来たの?」


怜人の口から出た冷たい言葉が遠慮無しに私の心に刺さる。


《知奈…早くおいで》

過去の怜人と今の怜人がシンクロする。


「会いたかったから・・・」


「あっそ」


興味なさげに呟いた。


私は爪が食い込むくらいに手をギュッと握った。


このあと怜人から言われる言葉を少しでも衝撃を減らすために。


「脱げば?」

< 6/ 65 >