ケータイ小説 野いちご

SLらぶ☆

すれ違い

お互いに避けてるからにしても… 


寺崎くんにも蓑島くんにも、3日も会っていなかった。


姿くらい見かけてもいいのに… 


…と言うより… 


会いたくて仕方がなかった。 


話すことが出来なくても。


後ろから、なっちゃんと肩を並べて歩いている姿を見れるだけでも… 


すごく幸せなことだったんだって… 


今さら気づいた… 




< 94/ 184 >