ケータイ小説 野いちご

あの音をもう1度

♪第二楽章♪走りだしたメロディー
決意の未来 新たな朝

――――――……
―――――……



次の日の朝。

私はベッドの上で悶々としていた。




だって…だって---



いくら精神的にぐらついていたとはいえ、鈴宮に…だ、抱きついてしまった…




思い出すだけでも少し顔が赤くなる。



「私…、なんであんな行動に…//」



でも…ずっと重かった気持ちがなくなった。




「奏~!学校は?」



「今、行くー」



下からお母さんの声が聞こえて私は慌てて階段を降りた。
















***



そうして、いつも通りに学校についた。



でも、私は…教室ではなく音楽室に足を進めた。




「あっ、開いてる」



偶然にも音楽室は開いていて、私は音楽室に入った。



< 72/ 255 >