ケータイ小説 野いちご

陽のあたる場所で 〜戦国遊戯3〜

エピローグ

幸姫が滝つぼに落ちてから、数日がたった。
だが、一向に幸姫が見つかる気配がなく、警察からも何の連絡も無かった。

あれ以来、休みのたびに仙台に行っては、姉滝の辺りを一人で捜索していた。

どこでかぎつけたのか、昔自分が失踪していたことを持ち出してきて、失踪事件の生き残りの娘が今度は失踪と、マスコミに騒ぎ立てられていた。


…今の仕事についててよかった。


幸いなことに、今はテレビ局で番組の制作プロデューサーをしていて、そこそこ有名な番組も手がけている関係もあり、テレビではそんなに大きく取り上げられることはなかった。


無事でいてほしい。


ただ、それだけを願って、もう何度目になるかわからない、姉滝周辺の捜索をしていた。



< 515/ 524 >