ケータイ小説 野いちご

世界中の誰よりも

序章


「大翔ー!待て!走るなっ!」


「きゃあー!!パパきょわい~」



こんな光景に、自然と笑みがこぼれてしまう。


あの時、こんな幸せを感じることが出来るなんて、思ってなかったから。



「凛、パス!あ~クソ疲れるわ。あのおてんば息子、誰に似たんだよ?」


「なーに言ってんの?あんたに決まってんでしょ!」


「俺?…あー、そうか?」



大切な人がいる。


ただそれだけでこんなに温かい。


こんなに……心地いいんだよね。

< 1/ 7 >