ケータイ小説 野いちご

私の兄は、アイドルです。

★stage.7

 

─────




最悪だ。最悪。

クソボケバカ兄、最悪すぎるっ!

一発くらい殴ってやったらよかったし!!


あんな奴……やっぱり大っ嫌いだ!!!





私はとりあえず走った。

走って走って……
荷物も持たずにホールを飛び出し、走りまくった。


お腹が痛いし肩も痛い。

何もかもが最悪すぎる。




そしてめちゃくちゃに走りまくった結果……




「げほっ……」


突然呼吸が苦しくなり、
その場にしゃがみ込んだ。



や、ば……っ

運動不足だから?

ううん、……何か、いつもと違うような……?


視界がグルグルと廻る。


意識が……遠ざかる……





──遠ざかる意識の中、
私は道行く人に声を掛けられていて。



「キミ、大丈夫か!?」

「大丈夫!?しっかりして!」




意識が途切れる直前……

……救急車の、サイレンの音が聞こえた気がした。




─────
────


 

< 80/ 297 >