ケータイ小説 野いちご

【完】気になるあの子は最強娘。

7.デートに誘う

「…………」


"素直になれないだけ"……か。




確かに、そうかもしれない。


素直になりたいけど、つい見栄を張ってしまって、なかなか素直になれないんだ。




「佐々木君なら、きっと大丈夫だよ」


安藤はそう言うと、「じゃああたしこっちだから。ごちそうさま。バイバイ」と言ってそのまま走って帰って行った。

< 83/ 258 >