ケータイ小説 野いちご

【完】気になるあの子は最強娘。

2.俺の好きな女

「おっ、安藤じゃん」


倉庫に行く途中、安藤を見つけた。




「安藤!!」


俺は安藤の所に駆け寄った。




「え?あっ、佐々木君」

安藤は俺に笑顔を向けた。




ドキッ!!


安藤の笑顔を見た瞬間、胸がドキッとなった。




あーくっそー……悔しいけど、やっぱり可愛い。

< 10/ 258 >