ケータイ小説 野いちご

白いドレス

第一章 突然現れたのは





       .....。





 「ぎゃああああああああぁぁぁああああッッッ!!!!!」





私の横には、全然知らないイケメンがっ!!




「何?!誰?! 何?!泥棒?!痴漢?!」




「ひっでぇ.... 昨日の夜紹介して頂いたばかりだと



言うのに......」




「あ.... 龍君か....」




 ごめん、嘘ついた






< 2/ 36 >