ケータイ小説 野いちご

花よりも美しく

本当のこと



学校から帰ると、珍しく美登里がいなかった

いつも帰ると、礼儀作法や茶道、華道を勉強させられるのだが、美登里がいないため、今日はしなくてもいいことになった


「ふぅ・・・」


深いため息を漏らして、月子は制服を着替え始める


─────ガタッ


「ヒャ・・・ッ!!」


襖が開いて、月子が小さく声を上げる


「あ、忍さん・・・?」


今日は珍しいことがよく起きる

忍が自分の部屋に来るなんて、初めてじゃないだろうか?



< 43/ 361 >