ケータイ小説 野いちご

花よりも美しく

生活の変化



目を覚ませば、ベッドの上には月子1人

忍の姿はない


「・・・・・・ッ」


ベッドから降りようと、体を動かせば、お腹辺りが軽く痛んだ


「・・・・・・・・・・・・こんな形で、初めてを経験するなんて・・・」


シーツを見れば、その証が白を染めている


「う・・・ッ」


それを見ていると吐き気がして、口元を押さえる

視線を外し、外へと目を向ければ、真っ青な空

梅雨晴れをした空が、嫌味に感じてしまうくらい、朝の目覚めは最悪だった



< 17/ 361 >