ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

【短】口悪男

口悪男…?

あたしは木多鳴。


昔から何かとツイてない。

今日も朝から寝坊、携帯紛失…そしてこの席替え。


「はぁー…」


自然とため息が漏れる。




「おい、お前!!うぜぇからため息つくな!!一回死ねっ」


一回死んだら、戻ってこれませんけど…。

てか、ため息の一番の理由はアンタだよ。


「何だその目!!文句あるなら口で言えっ」


この口悪い男は、織田武蔵。

残念ながら、コイツの隣を引き当てたらしい…。


「はぁー…」


めんどくさいなぁ、もう!!


「うるさい!!アンタの顔見たら、勝手にため息出るんだよっ」


武蔵とは腐れ縁?

いわゆる幼なじみ。

コイツの頭は、幼稚園時代からレベル変わらず。

< 1/ 39 >