ケータイ小説 野いちご

カラダだけでも愛して

5:愛−aisiteru−



あれから気づいたら家についてた。



泣いたままケータイを開くと直矢からの着信が何件もあった。



でもそのまま、ケータイを閉じた。



もう直矢とは会わない。



そう決めたから……。



でもっぱり寂しくて、会いたくて………



胸が苦しくなった……



こんな思いからのがれたくて、あたしはまた家を出た。



だって家にいたら、おかしくなりそうなんだよ……。



商店街を下を向きながら歩いた。



周りは、カップルでいっぱいだったから。



………あたしも直矢の彼女になれたらよかったのに。



そんな淡い夢を見ても、現実になるわけない。



はぁ〜。と溜め息をついたとき、誰かと肩がぶつかった。



「す、すみません!」



謝ったのはあたしじゃない。



……………直矢の彼女さん



「あの、本当すいませんでした。」




< 67/ 89 >