ケータイ小説 野いちご

カラダだけでも愛して

4:別−wakare−



ジリリリリ、ジリリリリ!



目覚まし時計がなった。



もともと部屋にあったものだと思う。



「うー……ん。」



手元にある目覚まし時計をとめる。



今、何時だろ……?



「………5時かぁ」



あたしは起き上がって服に着替える。



奈々香には迷惑をかけたくない。



あたしは朝早くから奈々香の家を出た。



メモは一応、置いといたから大丈夫だろう。



でも……これからどうしよう。



あたしは、手の平に息を吹きかけながら歩いた。



何十分もかけて空っぽの家に帰った。



ガチャ……



「ただいま……」



……あたしが帰ってきても広がるのは無音の世界。




< 55/ 89 >