ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

男子校は危機百発ッ!☆→イケメン男子と恋しよう←☆

Stage.4◆文化祭の恋嵐




翌日。
階段を下り、食堂へ向かうと、


「椎榎ちゃんおっはよー!」

「ぐわっっ!!」

誰かにいきなり背後から抱き着かれて驚く。


「おーはーよー♪」

横からひょこっと顔を見せるのは、靖杜だった。


「っ!は、離してっ!」

靖杜から逃げようともじもじ動いていると、
靖杜は更に強く抱き着いてきて、どうも逃げられない状況なのである。


「……あっ!椎ぃ〜榎ぁ〜!ていうか、靖杜ずる〜いっ!僕も椎榎に抱きつく!」

遠くからバタバタなんか走ってきたかと思ったら、唯抖だった。



唯抖は走ってきて、その勢いで前からあたしに抱きつく。


「うぐっ!!」


前から後ろから!
あたしはコラアに抱き着かれてる木じゃないんだぜっ!?


「くっ、苦し…」

顔を歪め、苦しさを訴える。


「ほら〜、靖杜が椎榎に抱きつくから苦しいって言ってるじゃ〜んっ!離してよぉ〜!」

唯抖は口を尖らせながら靖杜を睨む。




< 47/ 440 >