ケータイ小説 野いちご

天使たちの傷跡

ユキ



「こっちがユキでこっちがタカシ」


 最近出来たばかりの居酒屋でミオが正面にいる男二人を紹介する。


「んでこっちがことこ。あたしの親友。手ぇ出すなよ」


 言ってから、まぁ出してもいいけど、とミオは笑った。


 

< 54/ 129 >