ケータイ小説 野いちご

白衣を脱いでも恋してる

いらっしゃいませ。先生サマ。

「なぁ、遠藤。」



「へ?…はっ、はいっ!!」



先生…



いつもと違うスーツ着てる。



「ココ、暑くね?」



「あっ…暖房、弱めましょうか?」



いつものダークグレーも素敵だけど、



黒スーツとか…



カッコよすぎっ!!



「あぁ…ワリィな。」



「いえいえ。」



ってか、スーツもそーだけど、



そのネクタイ緩める仕草…



イイ。



すっごくイイ。



最高デス。



先生。


< 22/ 65 >